ドリームネット

Home > 住居・家屋> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

住宅ローンとは不動産(住宅、土地)を購入する為、金融機関から受ける融資の事です。不動産の価格は、1000万円を超えるのが一般的です。サラリーマン世帯が自己資金だけで、不動産を購入するのは困難だと言わざるを得ません。預貯金だけではカバーできない部分を、サポートしてくれるのが住宅ローンなのです。各金融機関は、様々なタイプの住宅ローンを提供しています。住宅ローンを比較する際に、最も基本となるのが「金利」です。金利には固定金利と、変動金利があります。固定金利の場合は返済期間を通じて、金利が変動する事はありません。借り入れを行う際に、返済計画が確定する点がメリットだと言えるでしょう。その一方で借り入れを行った後に金利が低下した場合でも、返済額が変わる事はありませんので注意が必要です。変動金利には、「固定金利期間選択型」と「変動金利型」という2種類があります。固定金利期間選択型とは、一定期間に限って固定金利が適用されるタイプの住宅ローンです。従って固定金利が適用されている期間は、返済額が確定します。借り入れを行った後で金利が低下すると、返済額そのものが減少しますので、金銭的な負担が軽減されるやもしれません。しかし借り入れを行った後に金利が上昇した場合は、返済額が増加してしまいます。固定金利の期間が終了した後の、返済額が確定していません。従って、返済計画が立て難いというデメリットがあります。変動金利型とは金融情勢の変化に伴い、定期的に金利が変動してしまうタイプの住宅ローンです。当然ではありますが、借り入れを行った後に金利が低下した場合は、返済額そのものが減少します。逆に金利が上昇した場合、返済額が増加しますので気を付けましょう。変動金利型は借り入れ当初から、将来の返済額そのものが確定している訳ではありません。固定金利期間選択型と同様に、返済計画が立て難いと感じる方が多いようです。返済期間はフラット35、財形融資や民間の住宅ローンを含め凡そ30年から35年程度になります。
『関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑