あかりホームクラフト株式会社

Home > 住居・家屋> あかりホームクラフト株式会社

「理想よりもっと」を叶える暮らしの夢設計士|藤沢市の注文住宅ならあ かりホームクラフト株式会社


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜市・藤沢市で注文住宅を手がける「あかりホームクラフト」のホームページです。当社は地域密着で「デザイン性×機能性×価格」を実現できる「R+house」を導入している工務店です。お客様の気持ちに寄り添ったきめ細やかな対応で、マイホームづくりをお手伝いします。

藤沢は相模湾に面している都市で、広い意味で湘南エリアに所属しています。横浜や東京都心部への通勤や通学にも便利なので、ベッドタウンとしても発達しています。市内には商店街が繁盛していますので、暮らしやすい雰囲気です。海に面しているエリアで気をつけたいのが、海風に含まれている塩分です。海岸沿いでなければ塩害は深刻ではないものの、できれば外壁塗装と屋根塗装には塩分に対する耐久性を備えさせておくのが理想的です。具体的には、塩分が含まれている水や風の影響を受けても、住宅の屋根と外壁にダメージを与えないように施工しておくのがポイントです。さまざまな塗料があり、種類によって性質が異なりますが、塗装の中でも撥水性にこだわると良いでしょう。注文住宅は撥水性能を高く施工できるので、藤沢市で一戸建てを新築するときにオススメです。工務店によっては塗料を使用した塗装ではなく、外壁材そのものに撥水性能を備えさせている場合もあります。屋根材も同様ですが、予算の範囲内で施工しようとすると予算オーバーになる可能性もありますから、できるだけ低予算でまとめたい場合は塗料を選ぶのがコツです。藤沢で注文住宅を取り扱っている工務店は、基本的に地域性を重視して営業していますので、当然ながら相模湾からの海風の影響性も把握しています。塩分に強い素材の木材は、船の甲板に使用している天然無垢材が有名ですから、水分にも塩分にも強い天然無垢材であれば、特別な塗装や撥水性能にこだわらなくても耐久性を確保できます。塩分の被害は、すぐには目に見えませんが、十年を過ぎたあたりから金属部分のサビとなって目で確認できるようになります。サビだけでなく、手で触ったときに粉末化するような脆さになってしまうと、耐久性だけでなく崩落の危険性も出てきます。ガレージを屋根付きで施工する場合は、空気中の金属部分に対する撥水性も考慮してもらいましょう。注文住宅は建売分譲物件よりも価格が高くなりますが、性能を把握して必要に応じて適材適所の施工をしてもらうことで、木造建築でも長寿命化します。
PAGE TOP ↑