三和産工株式会社

Home > サービス事業> 三和産工株式会社

蓄光式避難誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

これまで自然災害などに遭った地域では、二度と災害時に慌てることがないように様々な対策を練っておく必要があります。例えば、避難経路を誘導する標識を立てるといったことがその一つに挙げられることでしょう。これは自治体が率先して行うことになります。また、せっかく避難経路を誘導する標識を立てても、それが住民に伝わらなければ意味がありません。よって、誰が見ても分かるようなものを立てる必要があります。もちろん、小さな子どもから高齢者まで、見やすくて分かりやすいものにしましょう。それには矢印を使って避難経路を示すといった方法が望ましいと言えます。それに、一箇所に立てるだけではなく、数ヵ所に立てた方が安心です。本当にこの道で合っているのか、進行が分かりやすいように一定の間隔ごとに誘導の標識を立てましょう。それから、単純に矢印だけでは何を示しているのか分かりません。車の進行方向なのかと勘違いをしてしまう人もいることでしょう。こうならないようにするためにも、きちんと文字でも表示することをおすすめします。例えば、海や川などが近い地域の場合、地震による津波が心配です。津波が起きそうな時の避難先を示す誘導の標識は、当然、高台に向かって立てられることになります。津波警報が出たらこの標識に従って避難しましょうというような文章も記載することが大事です。そして、これらの準備が整ったら、今度は避難訓練をしましょう。実際に訓練をすることによって、標識が役立つかどうか、改善すべき点があるかどうかといったことが見えてきます。それに、一度でも訓練をしておけば、住民たちもいざとなったらこのようにすればいいのかということが分かるはずです。また、別の地域から引っ越してきた人の場合、標識があることさえ気づかないかもしれません。そんなことがないように、自治体の方で転居手続きをする時など、きちんと説明をしておくことも大切です。もちろん、隣近所の人たちも気遣ってあげましょう。
PAGE TOP ↑