冷凍・冷蔵・解凍装置/フライヤー補助装置の比較ランキングサイト

Home > サービス事業> 冷凍・冷蔵・解凍装置/フライヤー補助装置の比較ランキングサイト

鮮度維持・保持装置 の比較ランキングサイト


食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

スーパーの鮮魚コーナーや野菜売り場などに設置されている他、洋菓子店や一般家庭の冷蔵庫などにも設置が進んでいる鮮度維持装置ですが、これを設置することで様々なメリットがあります。鮮度維持装置という名前からも分かる通り、設置することによって商品の鮮度を新鮮に保つことが出来ます。新鮮さを保つことが出来るということは、それだけ賞味期限を伸ばす事が出来るということに繋がり、食品の廃棄ロスが減りゴミの量を減らすことにも繋がるのです。このメリットはスーパーなどの店舗では食品を新鮮に保つことで仕入れや販売のリスクを大幅に下げることが出来ます。また、生鮮食品の管理が楽になるということや、仕入れの頻度を減らすことも可能になるので人件費を大幅に削減することも可能です。個人で冷蔵庫などに使用する場合は、安売りの際に大量購入をしても傷みにくく無駄にならないということに繋がります。鮮度維持装置は鮮度を維持するだけではなく、食品の質を高めることにも貢献してくれる存在です。近年、熟成肉やエイジングビーフなどと呼ばれる熟成させた肉が人気になっていますが、鮮度維持装置を使用することで熟成が進みますので美味しい肉にすることが出来ます。熟成は肉だけではなく魚でも一緒で、熟成させることにより新しいもの特有の歯ごたえは失われていきますが、身の旨味は熟成により高まりねっとりとした食感で旨味が舌に絡みつくようになります。そういった魚の熟成をさせる上でも、鮮度維持装置を使用すると上手く行うことが可能です。肉や魚以外にも、イチゴなどの果物においては鮮度維持装置を設置して寝かせておくことにより糖度が上がるものがあります。このように、鮮度維持装置はただ単に食べ物を長持ちさせるというだけの役割ではなく、食べ物をさらに美味しく長持ちさせるものとなっているのです。コスト面も機能的にも様々なメリットを受けることが出来るものになっています。
PAGE TOP ↑