日本防音株式会社

Home > 暮らし> 日本防音株式会社

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」


防音の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

防音工事・防音室の施工は「日本防音株式会社」にお任せ下さい。本格的な防音室付属住宅の計画や既存建物の防音対策工事を行っております。騒音測定、周囲に対する音源計画などコンタルタント業務にも対応。土日祝日も受付中。まずは、お気軽にご相談下さい。

音楽大学などに通っている学生は、しばしば住宅の防音性を気にしています。あまり大きな音で演奏してしまうと、近隣からクレームが来る可能性もあるからです。特に貸しアパートやマンションは要注意です。1つの建物に多くの住民が住んでいますから、隣の住民とのトラブルもあり得るからです。ですから大学生によっては、家で音楽の練習ができずに困っている事もあります。その場合は防音室を設置してみる方法があります。防音性能は優れていますから、隣の部屋に物音が聞こえてしまうのを防げるからです。ところで防音室を設置するなら、選択肢は2つあります。メーカー製の製品を購入するか、自作です。後者の自作には、費用に関するメリットはあります。というのもメーカー製の製品は、たいてい10万円以上になるからです。性能が優れた製品なら、数十万円になる事もあります。しかし自作の場合は、もっと費用を抑える事ができます。ですから費用を気にしている方々は、しばしば自作を検討しています。ところが自作には2つデメリットがあって、その内の1つは制作の手間です。確かに自作をする事は可能ですが、かなりの専門知識が求められます。防音性が優れている材料を勉強する必要がありますし、組み立てに関する知識も学ぶ事になります。しかも自作は時間がかかります。数日頑張っても、なかなか完成しないケースも多いです。2つ目のデメリットはクオリティーです。頑張って組み立ててみても、十分な防音性を発揮してくれるとは限りません。どこかにミスがあると、音が漏れてしまう傾向があります。ですから「自作よりはメーカー製の製品がおすすめ」という声も根強いです。メーカー製の場合は、わざわざ組み立てる必要がありません。完成済みの製品を買うだけですから、とても手軽です。また各メーカーが作ってくれた製品は、総じて防音性も優れています。ですから多少費用がかかっても、メーカー製の防音室を買っている方々も少なくありません。
PAGE TOP ↑