陣内ウィメンズクリニック

Home > エステサロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

避妊をせずに自然な性行為を持っているカップルでも、1年を過ぎても妊娠しない場合は不妊を疑う必要があります。女性側だけでなく、男性に原因があるケースもありますし、男女共に原因があることもあります。産婦人科のクリニックや病院では、内診や超音波検診などの様々な検査を行います。女性の場合は無排卵、子宮内膜の発育が悪かったり、子宮筋腫や卵巣機能障害などの病気が原因の可能性があります。男性の場合は精子の数が少なかったり、運動率が悪かったり、奇形の精子が多いなどがあります。産婦人科の病院やクリニックでは、一人一人の体の状態に合わせた治療法を提案してくれます。検査を受けても原因がわかりにくい場合は、基礎体温を測定して排卵日の前後に性行為を持つタイミング法や、排卵誘発剤などを使って治療を行います。不妊治療を受けている人は期待や不安を感じている人が多いですが、なるべく体に負担の少ない方法を提案してくれます。タイミング法で赤ちゃんを授かったカップルも多いです。タイミング法の不妊治療がうまく行かない場合は、人工授精などの治療も受けられます。人工授精は現代は大変ポピュラーな不妊治療になっており、芸能人などの著名人なども受けている人が増えています。必要がある場合は内服薬を処方してくれますが、保険が適用される薬と保険適用外の薬があるので、費用についてもきちんと説明をしてくれます。比較的安全性の高い医薬品を取り扱っていますが、人によっては副作用が見られる場合があるので、医師や薬剤師に相談することも大事です。不妊が増えている原因には、男女共に晩婚化しているからです。女性の場合は35歳を過ぎると卵巣機能が低下するため、若い20代の頃に比べると妊娠率が下がってしまいます。30代を過ぎてからお子様を希望している場合は、早めに専門クリニックや病院を受診して、医師のアドバイスを受けることが大事です。体外受精などの高度な医療が受けられる病院も増加しています。

注目キーワード

精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
『関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑